こどもたちの活動

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:生活や行事の様子
令和4年度6月第3週

 ある雨の日、りんご組で面白い遊びをしていました。

 こどもたちは自分の好きな色がついたビー玉を箱の中に入れて、箱を動かします。すると、ビー玉は思わぬ方向に転がりながら面白い線を画用紙に描いていきます。色を替えながらビー玉を転がしていくうちに、素敵な模様がついてきました。こどもたちは、ビー玉が偶然に模様を描く様子を楽しんで取り組んでいました。 

 

 

 

 

 積み木コーナーにハンドルが登場し、本物のような車を作れるようになったり、カラーポリ袋でドレスを作ったり、雨の日も、新しいことを取り入れながら室内での遊びが充実しているりんご組です。

 

 

 

 もりの組の様子です。

 こどもたちがホールに2枚のマットを並べ、プールを作りました。泳いでいるうちに、楽しいアイディアを思いつくと友達に「ジャンプ台作るから手伝って」と言って積み木のやトランポリンを一緒に並べたり、「泳いだらお腹が空いちゃった」とつぶやいた友達の声を聞き、「レストランを作ろう!」とごはんを食べられるようにしたり、イメージがどんどん広がっていきました。

 

 昼食後には、別の友達も遊びに来てさらに楽しい場になりました。

 

 

 それぞれが作った電車の車庫をどうしようと悩んでいた3人が大型積み木で作り始めました。三角屋根を乗せたらそれが楽しくなり、何段も積み上げて素敵な駅舎になりました。たくさんの電車が出入りするこの「東京駅」 駅の看板は、電車に応じて線の色を替えるなど素敵な駅になりました。

 

 

 園庭の砂場では、誰かが落ちることを想像し、ワクワクしながら落とし穴を掘ったり、色水遊びを楽しんだりしていました。

 

 

 深川南部保健相談所から栄養士の先生をお招きし、食育講演会を行いました。

 こどもたちは、食べ物によって働きが違うこと、いろいろなものを食べることが大切なことを学びました。写真は、箸をうまく使えるようになるための体操を教えていただいているときの様子です。

 ​ 

 

 今回のかんがるーひろばでは、未就園親子の皆さんに、もりの組のこどもたちの歌を聞いていただきました。

 もりの組のこどもたちにとって、知らない人たちに歌を聞いていただくのは初めてです。緊張していたようですが、「世界中のこどもたちが」をマスク越しに元気に歌い、たくさんの拍手をいただきました。こどもたちは、未就園親子の皆さんに喜んでいただけたことがとても嬉しかったようです。また、いつかこのような機会をもちたいと思っています。

 

 

公開日:2022年06月17日 20:00:00
更新日:2022年06月19日 15:22:41

カテゴリ:令和4年度 りんご組の部屋
最近の幼児の様子

幼稚園での生活にも慣れてきたこどもたち。この日は担任に傘の使い方を教えてもらい、みんなでお散歩を楽しみました。途中の雨ゾーン(シャワー)では、濡れないように両手で傘をしっかり持って歩いていました。

 

 

 

    傘をクルクル。雨を落とすよ。      自分で畳んだ傘を、丁寧に立てていました。

 

 

こちらは、初めて見るプールの組み立て作業に興味津々のこどもたち。少し遊んでは様子を見に行き、ソワソワが止まらないようでした。完成すると、もりの組の保護者の方達に『ありがとうございまーす!』とお礼を言っていました。ありがとうの気持ちがもてるって素敵ですね。

 

砂場では、型抜きを使ってごちそう作りをしています。初めは型を抜くと崩れてしまい、『あれー?』と不思議そうな表情をしていましたが、教師の作っている様子を見たり、サラサラの砂、湿っている砂があることに気付いたりして、『固い砂だといいんだ!』『もっと、ギュッギュッてすればいいんじゃないかな?』など、気付きや発見をしながら遊んでいました。咲き終わった花びらを摘んで、デコレーションを楽しんでいる姿もありました。

 

 

年長もりの組さんと一緒に朝顔の種まきをしました。何色の花が咲くのか楽しみですね。

 

 

 

室内では、魚釣りを楽しんでいます。自分で作った魚をまずは釣りたいようで、友達が釣ろうとすると『あ、待って。他の魚にして。』と、お願いしている姿がかわいいです。

 

 

 

こちらは、ビー玉を色画用紙の上で転がして、偶然でた線を楽しむ遊びに夢中の子ども達。『次は何色にしようかな。』と、色選びも楽しそうでした。遊んだ後は自分たちできれいに片付け。できることがまた増えました。

 

 

 

積み木で乗り物を作ることを楽しんでいるりんご組に、新しくハンドルが増えました。何人も乗れる車にはぬいぐるみ達を乗せ、お気に入りの絵本も積んで、お出掛けでーす。また、1人乗りの車に乗って色々なところにドライブすることも楽しんでいます。

 

 

 

プールごっこで遊んだ新聞紙を集めて作ったてるてる坊主の『てるみちゃん』と『てるおくん』。翌日登園してくると、おしゃれにしたいと何やら色々付け始め、髪飾りや髪の毛、手までついていました。プールに入れなかった日は、みんなで『お願いー!明日は暑くしてー!』とお願いするりんご組の子ども達です。

 

 

これからも元気いっぱいのりんご組の子ども達の様子をお伝えしていきます。次回をお楽しみに。

 

公開日:2022年06月15日 17:00:00
更新日:2022年06月19日 15:22:56

カテゴリ:生活や行事の様子
令和4年度6月第2週

 梅雨に入りましたが、こどもたちは室内でも戸外でも元気に遊んでいます。

 まずは、年中りんご組から

 以前は、家を作ることが多かったのですが、最近の流行は車です。3人の座席があり、三角の使い方が素敵な車に仕上がっています。

 

 ご家庭から持ち寄っていただいている廃材を使って、イメージ豊かに役になりきって遊んでいます。紙パックや頭のベルトで素敵に変身していますね。

 

 

 砂場に大きな穴を掘り、たくさんの水を運び入れました。裸足になって水や砂の感触を楽しみながら遊んでいます。

 

 

 園庭に汽車が出現しました。お客さんが乗るところや好きな音楽を流すところがあります。

 ビールケースの中には砂が入ったカップがたくさん並んでいました。「お店かな?」と聞くと「違うよ。アリのお家だよ」と教えてくれました。

 

 

 年長もりの組です。巧技台の組み立て方を工夫し、楽しみ方がさらに進化しています。

 2本の平均台の渡り方もアイディアがいっぱいです。思い思いの渡り方で繰り返し楽しんでいました。

 

 

 

 

 一斉活動で、同じ数の板積み木を使ってグループ毎にタワーを作りました。

 最初はジェンガのように組むことで安定感を重視していたこどもたちですが、徐々に限られた板積み木でいかに高さを出すかというところを考えるようになり、友達と意見を出し合いながら取り組んでいました。そのアイディアがどれも楽しく素敵なものだったので、途中から高さを競うのではなく、おもしろタワーを作って楽しむ活動に変わりました。途中でタワーが崩れても、諦めずに何度も取り組む姿や友達の意見を受け入れながら一緒に進める姿に成長を感じました。

 

 

  

 

 

 今週は、年長組のお母さん方がプールの組み立てをしてくださいました。

 こどもたちは、興味津々で「お母さんたち頑張って!」と声を掛けながら、様子を見守っていました。

 

 

 

 来週からプール遊びが始まります。コロナの感染予防対策を講じながら、こどもたちが伸び伸びと水の感触を楽しめるようにしていきます。

 組み立てにご協力くださった保護者の皆様ありがとうございました。

 

公開日:2022年06月10日 19:00:00
更新日:2022年06月12日 03:02:55

カテゴリ:令和4年度 もりの組の部屋
最近の幼児の様子

関東もいよいよ梅雨入りしましたね!

ジメジメした雨模様が続いたり、急に肌寒くなったり、梅雨の合間の晴れ間が見えたり等、

気候の変化に伴って体調管理にも気をつけていきたいですね。

 

さて、最近のもりのくみの様子をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は保育参観・学級懇談会へのご参加ありがとうございました。

皆様からいただいた感想を今後の保育に生かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

公開日:2022年06月09日 16:00:00
更新日:2022年06月12日 03:04:30

カテゴリ:生活や行事の様子
令和4年度6月第1週

 今年も辰巳幼稚園にプロナチュラリストの佐々木洋先生が来てくださいました。

 一緒に辰巳の森公園を探検しながら、見つけたものや不思議に思ったことについて教えていただきました。

 

 年長組のこどもたちは、佐々木先生の言葉を聞き洩らさないよう、そして素敵なものを見つけようと目を凝らして参加してました。

 

 

 

 年中組にとっては初めての辰巳の森探検です。今回は、保護者の皆さんにも参加していただきました。

 枯葉の中から何かを見つけると保護者の方が一緒に喜んでくださり、こどもたちは発見をとても喜んでいました。

 

 

 自然の豊かな辰巳の森公園で、面白さや不思議さ、発見を楽しむことができました。

 佐々木洋先生、ありがとうございました。次回も楽しみにしています。

 

 幼稚園では、巧技台というアスレチック的な体を動かすことができる道具を使って遊びました。

 年長組になると、自分たちでこの巧技台を組み立てて遊ぶことができるのですが、いくつかルールがあります。

 何人でどこを持つのか、どのように組み立てるのか、高さはどこまでか、この日は、実際に組み立て、遊びながらルールを確認していました。

 

 翌日から、好きな遊びの時間に組み立てて遊ぶ姿が見られました。 

 

 

 りんご組のこどもたちも、巧技台を使って遊ぶ時間がありました。

 この時は、カタツムリ、ダンゴムシ、チョウ、になりきって体を動かすことを楽しんでいました。

 カタツムリになりきったいろいろな姿も見られ、こどもたちは表現する楽しさも感じていました。

 

 ダンゴムシ

 

 チョウ

 

 

 これはゲームボックスという遊具です。好きな形に組み立て、ネジを止めて遊ぶ場にします。

 この日は、前回作った的の台を思い出しながら、友達と再現していました。「一番上よりも、丸の中の方が難しんだよ」とこどもたちは言いながら、何度も的当てを楽しんでいました。

 

 

 砂場では、裸足になり水の感触を楽しみながら遊んでいました。傾斜を作りながらトイを並べて、できるだけ遠くへ長く水を流そうと何度も試しながら遊んでいる姿が見られました。

 

 

 小さな森の柵越しに、地域の方とワンちゃんにご挨拶。

 そして、りんご組ともりの組が一緒にフラフープ。

 

 

 室内では、「ぬいぐるみ作り」という新しい遊びも始まりました。

  

 

 6月に入り、一気に夏のような天気が増えてきましたね。

 来週からも体調管理に配慮しながら、戸外でも室内でもこどもたちが思い切り遊べるようにしていきます。

 来週は、いよいよプールの組み立てもあります!保護者の皆様、こどもたちのためによろしくお願いいたします。

公開日:2022年06月03日 20:00:00
更新日:2022年06月05日 16:20:20

カテゴリ:令和4年度 りんご組の部屋
友達と一緒に

入園して2ヶ月が経ち、園生活にも慣れてきたこどもたち。少しずつ友達と一緒に遊ぶことを楽しみ始めている様子が見られるようになってきています。

 

園庭では、戦いごっこをしているこどもたちが一本橋を使って基地を作り、その中で休憩をしていました。基地の外に出たら敵がいるというイメージで思い切り走り、基地の中に戻ってきたらほっと一安心。友達と顔を見合わせながら嬉しそうに戦いの技について話をしていました。

保育室では、アイスクリーム屋さんがオープンしていました。「何味にしますか?」「カップに入れてください。」など、店員と客になりきってやり取りを楽しんでいる姿がありました。戦いごっこ、お店屋さんごっこなどの遊びは、友達と一緒に動いたり、役を決めてやり取りをしたりすることで盛り上がる遊びです。物の取り合いや順番などでいざこざが起きることもありますが「友達と一緒に遊ぶと楽しいな!」という気持ちを味わい始めているように感じています。

 

 

こちらはビールケースを並べて電車ごっこをしている様子です。「もっと長くしよう!」「ここにつなげて!」と声を掛け合いながら、1本の長い電車を完成させることができました。完成した電車の中では、運転するイメージを楽しんだり、駅名をアナウンスしながら乗車しているイメージを楽しんだり、それぞれの幼児で楽しんでいるポイントは違うのですが、同じ場にいる友達の存在を感じながら遊びを楽しむ様子が見られました。

 

 

自分たちで遊びの場をつくることを楽しめるようになってきたりんご組のこどもたちに、先週から新しい遊具を出していきました。『中型積み木』という木製の積み木で、積み上げたり囲いを作ったりすると遊びの場づくりが出来ます。固くて大きい遊具なため、使う前には持ち方や積み方の指導を行いました。

 

教師の話に真剣に耳を傾け、約束を守って怪我をしないように積み木を運ぶこどもたち。大きなサイズの積み木は2人で一緒に運ばなくてはいけない約束になっています。「誰か手伝ってー!」と声を掛け合いながら、息を合わせて運ぶことで、友達と力を合わせて遊ぶ経験を重ねています。

 

最終的には、大きな一つの家のような場が完成!こどもたちから「りんご組ハウスってことにしよう!」という声があがり、クラスの皆で1軒の家に住んでいるようなイメージで、中に入って踊ったりご飯を食べたりする動きを楽しみました。

 

好きな遊びの時間にも繰り返し積み木での場づくりを楽しんだことで、次第に工夫が見られるようになってきました。「靴箱はここね!」と確認し合い、上履きを綺麗に並べて置いたり、棚のようなスペースを作ってカセットデッキや絵本を並べたり、普段の生活経験を再現しながら遊びを楽しむ様子も見られています。

 

さて、ニュースでは梅雨入りの予報も出始め、天気の変わりやすい季節となってきました。幼稚園でも季節の移り変わりを感じられるような活動を取り入れています。

 

製作活動では、スタンプを使ったアジサイづくりと、絵の具のはじき絵で模様を描いたレインコートづくりを行いました。保育室の壁面も梅雨らしくなり、製作活動に取り組んだことでこどもたちからも「幼稚園のアジサイがいっぱい咲いてた!」などの声が聞こえるようになりました。

 

ホールでは、虫になりきって様々な動きを経験する活動を行いました。こちらは、一本橋の上をカタツムリになりきって渡っている様子です。足を使わず腕の力で進もうとしたり、お腹を一本橋にしっかりと付けてずり這いしながら進んだりする様子に、カタツムリの動きを普段からよく見ているからこその表現だなぁと感心しました。

小さな森で見付けたカタツムリのお世話も頑張っています!保護者の皆様も、野菜くずの回収にご協力いただきありがとうございます。ウンチの掃除をするために、カタツムリを虫かごから小さなカップに移動させるのはこどもたちの仕事です。教師がウンチを洗い流したら、各家庭から持ってきた野菜を虫かごに入れています。「わぁ、今日もいっぱいウンチしてるねぇ。」と飼育の大変さに気付いたり、ニンジンを食べた日にはオレンジ色のウンチをしていることに驚いたり、日々、自然の不思議さを体感しているところです。今後も命の大切さを知らせながら、愛着をもって生き物と関わっていけるといいなぁと考えています。

公開日:2022年06月03日 16:00:00
更新日:2022年06月05日 16:13:00

カテゴリ:生活や行事の様子
令和4年度5月第4週

 年長もりの組のこどもたちがのぞき込んでいるもの、何か分かりますか?これは、タブレットです。みんなで調べ物をしているところです。

 小さな森の網戸に「小さな薄黄緑色のつぶつぶ」を見つけた子が、「調べたい」と担任に伝えたことからタブレットで探すことになりました。みんな操作も上手で、スクロールもお手の物です。

 そして「カメムシのたまご」だということが分かりました。これからどんな風になっていくのか楽しみですね。

  

 

 小さな森ではこんな遊びもできます。この時は、地面にあいた穴に水を入れて遊んでいたのですが、そのうちに中をかきまぜ始めました。そして、思いっきり泥の感触を楽しむうちに、みんな茶色の手袋をつけたようになっていました。

 

 

 辰巳小学校の運動会の練習の見学に行った時の様子です。

 最初は、大きな音に驚いていたりんご組のこどもたちですが、4年生の「花笠音頭」や5,6年生の「ソーラン節」を見ているうちに、一緒に踊ったり、応援したり、思い思いに楽しんでいました。

 

 

 こちらはもりの組です。やはり、踊ったり手拍子をしたりして楽しんでいました。

 

 5年生とは交流会もあったので、知っているお兄さんやお姉さんを探す姿も見られました。

 見学を終え帰ろうとしたときに、誰かが「虹だぁ!」と声を上げました。こんなに晴れている日にまさかと思ったのですが「上だよ」の声に目線を上げると、太陽の周りに虹が出ていました。こどもたちは「すごいね」「いつもの虹と違うね」と、思ったことを呟きながら見ていました。

 

 

 

 雨の日の様子です。

 りんご組では、この前日から中型積み木を使い始めました。ルールを守り、大きなものは2人で、小さなものは1人で運んでいますね。

 

 全員で運び、全員が住むことができる「りんごハウス」が完成すると、中で踊ったり、ご飯を食べたりしていました。

 

 片付けの時も、置き場所を確認しながら皆で力を合わせて積んでいました。

 

 

 雨の日には、発散する場も必要です。この日も、廊下に悪者を並べて、ヒーローたちが元気に戦っていました。

 

 

 もりの組では、絵の具で絵を描いたり、自分たちで作った電車を中型積み木で作った線路の上を走らせたりして楽しんでいました。

 

 

 廊下には、前日からマクドナルドができ、フライドポテトやチキンを揚げたり、お店の人が注文を聞いてくれたりしています。お客さんたちも、美味しそうにポテトを食べていますね。

 

 

 雨の日は、ホールも大盛況です。

 この日は、大型積み木で家を作ったり、巧技台でジャンプ台や滑り台を作り体を動かしたりして楽しんでいる姿が見られました。遊びの中で思いがぶつかることもありますが、教師は1人1人の思いを確認しながら、折り合いをつけて遊びを進められるように援助しています。こどもたちは折り合いをつけて遊べたことが心地よい体験となり、友達と一緒に考えて楽しく遊ぶ経験を重ねていきます。

 

 

 来週はもう6月に入りますね。

 辰巳の森探検にも行きますので、お楽しみに!

 

公開日:2022年05月27日 20:00:00
更新日:2022年05月29日 02:05:06

カテゴリ:令和4年度 もりの組の部屋
最近の幼児の様子

5月も後半に差し掛かり、夏のような暑さの日が増えてきました。

 

肌寒さがなくなり、戸外で十分に体を動かして遊ぶことが心地よい気候になってきましたが、夏に向けた暑さ対策にも留意することが必要になってきました。

幼稚園では、水分補給や汗の始末をしっかり取ること、屋外では気候に応じてマスクを外すなど、

熱中症対策を心掛けています。

健康・安全な生活を送れるよう、こどもたちと一緒に必要なことを考えながら、元気に過ごしていきたいと思います。

 

 

さて、進級から早2ヶ月が経とうとしています。

毎日の暑さに負けず、元気に遊ぶこどもたちの様子をお知らせします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は、引き取り訓練へご協力いただきありがとうございました。

首都直下型地震の被害想定のニュースもあり、本当に災害が起きた時への意識付けとなる良い機会になったのではないかと思います。

幼稚園でも毎月の避難訓練で、こどもたちの防災意識を育んでいます。今回の訓練をきっかけに、ご家庭でもぜひ災害時の対応を話す機会を作ってみてくださいね!

 

公開日:2022年05月26日 16:00:00
更新日:2022年05月29日 02:08:48

カテゴリ:生活や行事の様子
令和4年度5月第3週

 年中りんご組の様子から

 ある雨の日、担任の説明を聞きながら、三角の角が合うように折り紙を動かしたり、魔法の指で折り目を付けたりしながら折り紙に取り組みました。完成したのはイヌ、もしくはネコ。上下を変えることで、イヌになったりネコになったりするそうです。こどもたちは、「ネコちゃんだよ」「イヌにした」と、上下の向きを変えながら顔を描いていました。出来上がったことが嬉しくて、その後も何匹も作っている子もいました。

 

 

  

 話を最後までよく聞くこと、分からない時には助けを求めること、自分で作る楽しさや完成させる喜びなど満足感を味わうこと、使った物は決まった場所に片付けることなど、活動を通して様々な経験をしています。

 

 別の日には、植木鉢にツルナシインゲンの種を蒔きました。

 まず、植木鉢の底に赤玉土を入れます。(水はけをよくするためです)こどもたちは、「大きいね」「固いよ」と感触を楽しみながら入れていました。その後は、土を入れていきます。線のところまで入れたら、いよいよ種蒔きです。土に指で3か所穴を開け種を入れ、そっと土の布団をかけました。

 

 

 この日から毎日、こどもたちは生長を楽しみにしながらカップで水遣りをしています。普段、何気なく口にしている野菜がどのようにできていくのかを実体験していきます。苦手な野菜に挑戦するきっかけにもなるといいですね。

 

 ある日、アイス屋さんがテラスに開店しました。

 「いらっしゃいませ。アイスはいかがですか」「ショコラ味、イチゴ味、トマト味、他にもありますよ」「コーンにしますか?カップにしますか?」「トッピングもできます」などなど、次々とお店の人の言葉が出てきて感心しました。

 

 

 お客さんも楽しそうに注文していました。日差しが強くなってきたので、冷たいアイスで食べながら休憩中です。

 

 

 年長もりの組の様子です。

 昨年度は、コロナの影響で2年生とは別々に行ったサツマイモの苗植え。今年度は久しぶりに2年生と一緒に説明を聞き、苗植えを体験しました。今後、こどもたちはサツマイモがどのように生長していくのか、草むしりやつるがえし、収穫などの体験を通して学んでいきます。

 

 

 5年生が昼休みの時間に幼稚園の靴箱の掃除に来てくれるのですが、その後は一緒に遊んでくれます。この日は一緒に鬼遊びをしてくれました。追いかけてもらえる喜びと、掴まりそうなドキドキ感でこどもたちもとても嬉しそうです。

 

 

 親子交通安全指導もありました。

 東京湾岸署から警察の方が来園し、親子で実際の道路を歩く様子を見てくださいました。普段、自転車を使われる方が多いので、歩道のどこを歩くか、自転車が来たらどうするか、お子さんは横断歩道で正しい判断ができるかなど、親子で体験を通して交通ルールを学ぶ機会となりました。

 2月には、こどもたちが1人で通学路を歩く訓練も行う予定です。

 

 

 好きな遊びの時間

 園長先生が絵本を読んでくれました。こどもたちは絵本が大好きです。昼食後の食休みや週末の絵本の貸し出しなどで、様々な絵本に触れる機会を大切にしています。

 

 球を飛ばして遊びたい!という思いを叶えるため、A2サイズの紙を丸めた先に輪ゴムを付け、トイレットペーパーの芯を飛ばすという遊具を作ったこどもたち。最初は、絵本棚や壁、天井に向けて飛ばしていましたが、担任と素敵な的を作って遊び始めました。飛ばす場所を決めたり、倒した的の場所によって点数を決めたり、繰り返し楽しんでいます。

 

 

 

 こちらは、大型積み木で家を作って遊んでいる様子です。

 家が完成するときまったところに靴を脱ぎ、くつろいでいました。そのうち、ご飯の時間になり、テーブルの上には焼き肉用の網が置かれました。「焼肉パーティーをするので茶色の紙をください」と言われて渡すと、こどもたちは肉の形に切っていきました。そのうち、紙の裏が白いことに気付いた子が「赤くしようよ」「ピンクもいいかも」と言って色を塗り始めました。そして、赤い方を網の上に置き、しばらくして「焼けたかな?」とトングで裏返すと…なんと茶色の焼き色がついていました!! 他にも、肉に見立てた同じ紙に、色は塗らずに「10」と書く子がいました。そして、笑顔で網の上に置いて「ジュージューだよ。焼けたかな」と言うではありませんか!!

 こどもたちのアイディアは素晴らしいですね!まるで、笑点の大喜利のような展開におかしいやら感心するやら、笑いが止まりませんでした。

 

 

 そして、最後に微笑ましい場面をもう1枚

 幼稚園の玄関には大きな鏡があります。その前で「チップのポーズだよ!」「3.2.1.チーズ」と、ポーズをとる4人の姿がありました。何をしているのか聞いたところ、カメラで写真を撮っているとのこと。よく見ると、鏡のしたにそれぞれのスマートフォンが置いてあり、セルフタイマーのボタンを押して「早く、早く」と言っていたのでした。

 

 現代っ子だなぁと思いつつ、空き箱で作ったスマートフォンで想像の世界を楽しんでいるこどもたちは本当に素敵だなぁと感じたのでした。

 

公開日:2022年05月20日 21:00:00
更新日:2022年05月22日 11:49:12

カテゴリ:令和4年度 りんご組の部屋
自然とたっぷり触れ合って

気温が高く暖かい日があったり、雨が降って適度に地面が湿ったりして、幼稚園の虫たちが活発に動き始める時期になりました。りんご組のこどもたちは今、ダンゴムシに夢中です! 「ここにもいたよ!」「どこー?見せて!」と言いながら、教師が牛乳パックで作った探検バッグに嬉しそうにダンゴムシを集めていました。初めは、降園前には捕まえた虫たちを逃がし、何度も捕まえることを楽しんでいましたが、少しずつ生き物への愛着が湧きはじめ「逃がしたくないな・・・」という声が聞こえてくるようになりました。そこで、大きな虫かごに土やエサなど、ダンゴムシを飼育するために必要な物を用意して、りんご組の『ダンゴムシハウス』を作ることにしました。

 

虫かごに土を入れた後は「この木の実もご飯にして入れておこうよ」「ダンゴムシは枯れた葉っぱが好きなんだよ」「そっかぁ、でも新鮮な葉っぱも入れてあげたいなぁ」等、思い思いに呟きながら虫かごに色々な物を入れてダンゴムシのための家を用意してあげていました。実際にダンゴムシを入れてみると、土の上で生き生きと動き出す様子を見ることができ、興味津々に観察する姿が見られました。

 

 

ある日の小さな森では、虫探しに出掛けたこどもたちが、年長のお姉さんたちが素敵な物を使って料理ごっこを楽しんでいることに気が付きました。「先生!あの豆がほしい!」と私に訴えてきたこどもたち。「先生もどこにあるか知らないから、年長のお姉さんに聞いてみたら?」と返すと、優しく豆がなっている場所を教えてくれました。どうやら、柵の向こう側に生えているマメ科の植物の実を取って遊びに取り入れていたようです。辰巳の森公園に隣接する幼稚園ならではの遊び道具ですね!

 

園庭では、主事さんが素敵な物を見付けてこどもたちに教えてくれました。ミカンの木の葉をよく見てみると、大きな芋虫がくっついています。枝を折って近くで見せてもらったこどもたちは「すごい!大きい!」とびっくりした様子!枝ごと虫かごに入れ、葉っぱがなくなったら新しい葉を入れたり、うんちがかごにたまってきたら掃除をしたりしながら成長の様子を見守っているところです。幼虫の色が変わり、形が変わり、蝶へと成長していく過程を実際に見ることが出来る貴重な経験になることを期待しています。

 

様々な体験を通して「生き物は大切に扱わないといけない」「お世話をしないと死んでしまう」ということに少しずつ気付き始めたこどもたち。最近では、金魚に餌やりをしてくれることもあります。

自分で栽培物を育て、収穫する喜びを味わってほしいと思い、ツルナシインゲンを一人一鉢育てることにしました。登園前に保育室に植える前の種を置いておいたところ「うわー!ガムみたい(種を強くするためにピンク色のコート剤が着いているので)」「これ、食べられる?」と興味深く種を見たり触ったりしていました。

 

種まきをする前に「インゲンは勝手には大きくならないよ。栄養のある土と、おひさまのパワーと、水があると大きく育つことが出来るんだ!」と話をしました。植木鉢にたっぷりの土を入れたこどもたち。今は、毎朝の水やりを頑張っているところです。植えた時には「明日には豆が出来てるかな?」と期待していたこどもたちですが、なかなか芽が出てこないことに気付き、植物が育つのは簡単なことではないことを実感しているのではないかと思います。時間をかけて育てた野菜を美味しく食べられる日を心待ちにしながら、これからも栽培物の世話に取り組めるよう援助していきたいと思います。

 

 

さて、先日は計画していた親子遠足が天候不順により延期となってしまいましたが、園内ではこどもたちと一緒にシートを広げてお弁当を食べる『遠足ごっこ』を楽しみました。初めてシートを使ってお弁当を食べたこどもたち。友達と一緒に食べるお弁当は、いつもより美味しく感じられたことと思います。もちろん、シートの片付けは自分達で取り組みます!「できないー!」と悪戦苦闘しながらも、折り目に沿ってシートを畳むのを頑張っていました。入園して約2ヶ月が経ち、生活習慣を身に付けていきながら、少しずつ『自分のことは自分でやろう!』という気持ちが育ってきています。ご家庭でも、こどもたちが自分で取り組もうとする気持ちを尊重し、優しく見守っていただけると幸いです。

 

 

ここからは、遊びの中での可愛らしい様子を少しご紹介していきます。お家ごっこでお母さんになりきっていた女の子たち。紙とハサミと、ままごと用の包丁を持っています。何をしているのかと覗いてみると、ハサミで紙を細長く切った後、ままごと用の包丁で紙の上をトントンと叩いて包丁で切る振りをしています。もちろん、おもちゃの包丁なので実際に紙を切ることは出来ません。そこで、包丁でトントンと叩いた後、再びハサミに持ち替えて紙を細かく切っていました。自分なりに包丁で切っているように工夫しながら作ることを楽しむ姿がとても微笑ましかったです。

 

 

室内では、戦いごっこがブームとなっています。ヒーロー番組の主題歌をBGMに、好きなキャラクターになりきって敵に向かって攻撃したり、ポーズを決めたりすることを楽しんでいます。少しずつ空き箱の組み合わせ方を工夫したり、自分の好きな色で装飾したりするなど、こだわりの武器も作って遊びを繰り返し楽しんでいます。「明日はどんなヒーローが登場するのかな?」とワクワクしながら遊びを見守っているところです。

 

公開日:2022年05月20日 17:00:00
更新日:2022年05月21日 23:27:25