こどもたちの活動

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
縄跳び教室【オリンピック・パラリンピック教育】

今回は、初めての年中組の縄跳び教室です。

前回同様、密を避けるため園庭にケンステップという丸を並べ、その中で体を動かすことで友達と適度な距離を保てるように配慮しながら行いました。

縄跳びの前に準備体操です。膝の曲げ伸ばしもしっかりと行います。

縄跳びは、なんといってもリズム感が大事です。

足元に置いた縄をぴょん、ぴょんと跳び越えています。

年中組のこどもたちは大縄跳びが大好きで、誰かが大繩をまわし始めると5,6人がすぐに並びます。

その経験が一人縄跳びでも生かされ、リズミカルに跳んでいる姿が見られました。

講師の先生にも「体を動かすことが好きな幼児が多く、チャレンジ精神もあり、失敗してもへこたれないところが素敵ですね。」とお話していただきました。

縄跳び、これからも楽しんでほしいですね。

公開日:2021年02月19日 21:00:00
更新日:2021年02月21日 01:07:44

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
ボッチャ体験【オリンピック・パラリンピック教育】

江東区教育委員会よりボッチャセットをお借りしました。

どこでも簡単にできるのですが、コートがあると雰囲気が味わえてワクワク感が増すので、ブルーシートで作ってみました。本当のコートの4分の1ほどの大きさです。

ボッチャセットのケースを開けると、こどもたちがどんどん集まってきました。

赤や青の玉を手に取ると「うわーこれ重いよ」「本当だ」「先生、これなに?」と、聞いてきます。

赤チームと青チーム、どちらが白い玉の近くにチームの球を投げられるかを競う「ボッチャ」というゲームだと伝えると、「やってみたい!」と、こどもたち。

1対1で対戦したり

赤と青のチームに分かれて競ったり

みんな、白い球の近くに止まるように、投げる角度や力加減を考えながら投げていました。

すべての球を投げ終わると、みんなで白い球を囲み、どちらのチームの球がより白に近いかを確認します。

判定の道具を見つけて、ジャッジすることを楽しんでいるこどももいました。

パラリンピック競技の体験を通して、みんなでスポーツをする楽しさや、世の中には様々な人がいること、その人たちとも一緒にスポーツを楽しめるということを知って欲しいと思っています。

公開日:2021年02月12日 20:00:00
更新日:2021年02月21日 00:32:04

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
琴の会【オリンピック・パラリンピック教育】

昨年度に引き続き、今年度もお琴の先生に来園していただき、鑑賞会を開くことができました。

 

緊急事態宣言下の会なので、先生とこどもたちの間を十分にあけ、歌はうたわないという約束をしてから会が始まりました。

 

年長組のこどもたちは昨年教えていただいたことをよく覚えていて、右手の指3本に爪をつけること、糸は13本あることなど、先生の質問にすらすらと答えている姿がありました。

お琴の曲で有名な「六段」、いろいろな奏法を見ることができる「さくらさくら」、みんながよく知っている「うれしいひなまつり」などを聴きました。

こどもたちは、演奏する先生の手元をじっと見たり、音楽に合わせて体を揺らしたり、生の演奏を楽しんでいました。

 

また、琴は、昔、中国から入ってきた楽器で、日本に住んでいる人たちが「きれいだな」「すてきだな」と思う音が出るようにこの形になったというお話をしてくださいました。

 

最後に「歌は歌えないけれど、座ったままで踊って楽しんでくださいね」という先生のお話の後、「パプリカ」を演奏してくださいました。

 

 

 

後半は年中組の会でした。

目の前においてある楽器や先生の演奏する姿に目が釘付けのこどもたち。

先生が、「糸の押さえ方によって違う音が出ますよ」と、いろいろな音を出してくださると、こどもたちは大喜びで手をたたいたり、「わぁー」と驚いたり、「ぼよーんだって」と聞こえた音を言葉で表現したりする姿が見られました。

 

少し長い曲の「六段」も最後まで聴くことができ、お琴の先生も感心していました。

 

最後は、「パプリカ」で楽しく踊って終わりました。

 

 

普段の生活の中では、なかなかお琴の演奏を生で聴いたり見たりする経験はできないと思います。

今回は、日本の文化を肌で体験するよい機会をいただきました。

お琴の先生、ありがとうございました。

 

公開日:2021年01月18日 16:00:00
更新日:2021年01月18日 18:11:17

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
年長組 第2回縄跳び教室【オリンピック・パラリンピック教育】

今回も体育講師をお招きして、縄跳び教室を行いました。

前回はホールでの実施でしたが、今回は緊急事態宣言下、感染防止対策のため密にならないよう園庭にケンステップを並べ、1人1人がその中で運動遊びに取り組めるようにしました。

もりの組

まずは、先生の指示を聞きながら準備体操です。

今回は、10月に来た時よりもみんなが跳べるようになっていたので、新しい技なども教えていただきました。

それぞれが、自分のめあてに向かって繰り返し取り組んでいました。

最後は、丸の中でもできるゲームを楽しみました。

 

そらの組

始まる前に、自分の場所を確認します。

この日のような寒い時に手を温める方法を教えていただきました。

こどもたちは、先生のマネをしながらも楽しくてクスクス笑っていましたよ。

まずは前跳びに挑戦です。先生は、1人1人が頑張っているところを認めてくださいました。

(何度も取り組もうとする意欲や、その過程が大切だということを何度も話してくださっていました)

紋跳びや交差跳びなどの技も教えていただき、挑戦している姿も見られました。

年長組のこどもたちは2回の縄跳び教室を通して、さらに縄跳びへの関心が高まりました。

また、挑戦する楽しさややればできるという自信、頑張ったことが満足感や達成感につながることを体験を通して学んでいました。そして何よりも、体を動かす楽しさを十分に味わうことができました。

こういった姿勢が小学校以降の学びにもつながっていきます。

公開日:2021年01月17日 16:00:00
更新日:2021年01月17日 17:49:32

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
年長組 縄跳び教室【オリンピック・パラリンピック教育】

外部より体育講師をお招きして、縄跳び教室を行いました。

こどもたちと先生の元気のよいあいさつから始まりました。

そして、準備体操。

先生の「1・2・3・4」の後に、こどもたちの「5・6・7・8」がホールに元気に響きます。

 

縄が回せるようにしっかりと肩を回し、体も動かします。

そして、リズム感が大事ということで、ジャンプ!パチン!ジャンプ!パチン!という跳び方に挑戦。

 

 

友達とぶつからないように、人数を半分ずつに分けながら縄跳びをしました。

くるんとまわした縄をまたいだり、縄の両端を片手で持って回しながら跳ぶタイミングを合わせたり、しゃがんだまま10回跳ぶというめあてをもって挑戦したり…

跳べる人も、これから跳べるようになる人も、様々な跳び方に挑戦できました。

 

 

先生からは、

できるようになるには、やり方やコツを知ることが大事。

できなくても諦めないでコツコツとやればできるようになる。

それでも、なかなかできない時は、少し休んでみるのも大事。

というお話をいただきました。

 

そして、最後に縄を使った引っ越し鬼をして、楽しい時間はあっという間に終わりました。

 

 

翌日は、園庭で縄跳びに取り組む姿が多く見られました。

体を動かして遊ぶ楽しさを味わい、個々にめあてをもって取り組むよいきっかけができました。

先生、ありがとうございました。

 

公開日:2020年10月07日 16:00:00
更新日:2020年10月07日 17:59:34

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
たつみオリンピック開催

P1010044.JPG

 もりの組のこどもたちが、誕生会のお楽しみでオリンピックごっごをしました。サッカー、空手、陸上、水泳、ラグビーの5つの種目に分かれ、それぞれ披露してくれました。
 真剣に取り組む表情、観ている人の前で全力で取り組む姿、たくさんの観客からの応援、仲間の励まし・・・本当のオリンピックを観ている気持ちになりました。この経験が、この先のこどもたちの自信へとつながってくれることを願っています。
 また、観ているこどもたちへの大きな刺激となりました。これぞ、オリパラ教育。7月から始まる東京2020オリンピック・パラリンピックがとても楽しみになりました。

公開日:2020年01月28日 16:00:00

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
2020スタートしました

P1010430.JPG

P1010451.JPG

 いよいよ2020オリンピック・パラリンピックの年がスタートしました。
 初日に早速、オリンピック・パラリンピック教育の一環として、日本の文化に親しむために、吉川 由里子先生をお迎えして琴の鑑賞会を行いました。
 普段とは違った静かな雰囲気を感じ、落ち着いた気持ちで会に参加していました。先生からは、弦の本数や様々な指のつかい方、弦を押さえるときと押さえない時の音の違いなどを教えていただきました。先生の手元を前のめりになって、夢中になって見つめている姿がとても印象的でした。
 最後は大好きな「♪パプリカ」を演奏していただき、一緒に元気に歌いました。
 新年のスタートをとてもよい時間とともにスタートすることができました。
 

公開日:2020年01月09日 07:00:00
更新日:2020年01月09日 08:11:00

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
今年度のオリンピック・パラリンピック教育の活動

 今年度はオリンピック・パラリンピック教育の一環として、「日本人としての自覚と誇り」、「豊かな国際感覚」について、重点を置いて取り組んでまいります。
 活動の一つとして、在園時保護者による「様々な国について教えてもらう」取組を行っていきます。

公開日:2019年08月02日 17:00:00