カテゴリ:生活や行事の様子
令和3年度 6月第1週

りんご組

ダンゴムシ探しはこどもたちにとって、とても楽しい遊びです。

1匹見つけると「ここにいたよ」と気付いたことを友達に知らせたり、「これ背中に模様があるからお母さんだ」と、年長組に教えてもらったことを呟いたりしている姿が見られます。

「捕まえたダンゴムシをとっておきたい」というこどもたちの気持ちに沿うために、りんご組には「ダンゴムシのお家」があり、みんなここに連れて帰っています。(最近、とても大きい家に引っ越ししたので来週ご紹介します)

ダンゴムシなど小さな生き物にもそれぞれに命があることに気付いたり、生体の不思議さに興味や関心をもてたりできるように絵本を保育室に置き、命の大切さに気付けるようにしています。

 

 

木製の中型積み木の指導があり、好きな遊びの中でも遊べるようになりました。友達と一緒に場をつくり、遊ぶことを楽しんでいます。

この時は、「下にドアがあるのでピンポンしてください。そうしたら入れますよ」と、誘ってくれました。

 

 

テラスには、キャンディー屋さんができました。「いらっしゃいませー」の呼び込みが元気よかったので、たくさんのお客さんがきてくれてとても嬉しそうでした。

 

毎朝の水遣りも習慣になってきました。自分たちのインゲンに水をあげた後は、園内の様々な植物にもあげてくます。

たらいの中の水が少なくなってくると、1人がたらいを持ち上げて斜めにし、友達のためにジョウロに水が入りやすくしている姿がありました。大人のやっていることをよく見ているなと感心したり、友達への優しさを感じたりする嬉しい場面でした。

 

もりの組

こどもたちがじっと見ているのは、チャレンジカードです。

今回は、「うんてい」「縄跳び」「鉄棒」の技が書いてあり、できると○を付けられます。

運動が得意な子はもちろん、普段、あまり取り組まない子も、めあて(目的)がもちやすよう、段階的にいろいろな技が書いてあります。

3人は「これはどういう技だろう?」と、考えていたそうです。

 

 

チャレンジカードには、今まで取り組まなかったことに関心をもってほしい、すぐにはできなくても諦めないで挑戦してほしい、できることはかっこいいけれど、あきらめずに頑張るのはもっとかっこいいことを知ってほしい、自分のよさ、友達のよさに気付いてほしいなどなど、様々なねらいがあります。

他にも、上記のこどもたちのように、考えたことや気付いたことを言葉で友達に伝えるというよさもあることに気付きました。

みんなめあてをもって頑張っています。

  

 

小さな森でもおうちごっこを楽しんでいます。

 

 

グループ活動を通して、普段は関りの少ない友達と息を合わせて、担任の指示を聞いて動いたり、止まったり、、、うまくいったときはもちろん、失敗しても楽しい活動です。

 

 

 

おまけ

教職員は、朝晩と検温をしていて、出勤時にも検温し記録しています。

夕方、ふと検温表を見る小さなムシがいました。よく見ると、、、なんと、カマキリの赤ちゃんです。 

 

 

小さすぎてなかなかピントが合いませんでしが、実際はこれくらいの大きさでした。

1匹だけだったので、きっとどこかから入ってきたのだろうということに落ち着き、花壇に逃がしました。

大きくなって、また幼稚園に遊びに来てほしいですね。

 

 

公開日:2021年06月04日 10:00:00
更新日:2021年06月06日 13:12:06